PSP-3000の互換バッテリーを検証!正規品とはどう違うのか?

PSP
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日まで充電が出来ていたはずのPSP正規バッテリーが急に充電不可になりました。

中古品と言うこともあり恐らく寿命でしょうか。Amazonより互換バッテリーを注文したので正規品と比較をしてみたいと思います。

色々なメーカーから互換バッテリーは出ていますが、こちらの商品を購入してみました。


ゲームテックス【2個セット】【Amazon.co.jp限定】安心長期3年保証付き PSP 2000 / 3000 専用 バッテリー パック

互換バッテリーではカメラなどのロワジャパンと言うメーカーが知られているみたいですが、2個セットと言うことでコスパも良い最安のゲームテックスに決めました。

まずは外観の違いから確認します。

こちらが正規バッテリーのモデルPSP-S110です。

そしてこちらが互換バッテリーのモデルPSP1200です。

PSP-S110とPSP1200を並べてみます。

サイズ感の違いは全くありませんでした。

これだけならわざわざ値段の高い正規品を買わなくとも互換品で全然良いと思います。

次は電圧や容量など中身のチェックをしていきます。

以前に紹介したPSP Module Checkerのアプリでバッテリー状態の確認をしていきます。

このアプリはPSPの詳細を調べられるだけではなく、♪ボタン+↑ボタンを押すといつでもスクリーンショット撮影が可能です。

【正規バッテリー:PSP-S110】
Battery Status(状態)⇒使用中
Battery %(残り充電)⇒100%
Hours to Left(残り時間)⇒7時間52分
Battery Temp(温度)⇒24℃
Battery Voltage(電圧)⇒4.028V
Remain Capacity(残り容量)⇒1001mAh
Total Capacity(総容量)⇒1062mAh

【互換バッテリー:PSP1200】
Battery Status(状態)⇒使用中
Battery %(残り充電)⇒100%
Hours to Left(残り時間)⇒7時間05分
Battery Temp(温度)⇒20℃
Battery Voltage(電圧)⇒4.236V
Remain Capacity(残り容量)⇒1700mAh
Total Capacity(総容量)⇒1790mAh

互換の方が遥かに容量は大きいのに、同じ100%充電だと残り時間は正規の方が47分も長いです。

やはり中古でも正規バッテリーに勝るものはないのか…。

正規と互換の良し悪しを纏めると、

・正規バッテリーの良い点
公式である / 充電が持つ

・正規バッテリーの悪い点
値段が高い / 生産終了している

・互換バッテリーの良い点
値段が安い / 記載されている容量よりも大きい / 類似品が豊富にある

・互換バッテリーの悪い点
正規より充電持ちは劣る / 電池蓋が閉まりにくい

具体的な価格の違いはと言うと、2月現在は正規だと単価¥2500ほど。互換(ゲームテックス)だと単価¥1100もの違いがあります。その差は倍以上です。

やや気になった点は、サイズ感はどちらも一緒だったのですが、互換の方が若干蓋が閉まりにくい状態でした。

正規バッテリーの方が充電が持つにしても、単価の安さから見ても予備として互換バッテリーを使うのは正しい選択かと思います。

ゲームテックスの互換バッテリーはコスパ最強です。

また、Amazonでの購入だと万一の時の返品も効くので安心です。参考にして下さい。

PSP-3000を購入する

コメント